辞めた方が良い人に限って辞めない

昨日の話の続きになります
私は転職してからやっと「普通の生活」が送れるようになりました

変な話、実家からブラックに通勤していた時より、今の会社で一人暮らししてからの方が貯蓄が増えました

ブラック時代、友人と飲み会をする時にチェーン店以外の高い飲み屋を予約されるとちょっと大変でしたし、高い物を買ったり海外旅行に行った話をされると疲弊しました

彼女達は別世界の人間と思う程「お金と自由」がある、一方私は「お金」も無ければ「自由」も無い
なんで私は奴隷みたいな仕事してるんだろうと思っていましたね
給料も安く休みも少ない、有休も取れないし海外旅行なんか絶対行けない
貧乏暇なしとはまさにこのこと
だからこそ逃げ出そうとしたわけです

私の周りにも似た様な状況にある人がいます
でも彼らは転職を諦めてブラックで働き続けているのが現状
転職経験のある知人と一緒に「そんなとこ辞めた方がいい、転職した方がいい」と言っても聞く耳持ちません

しかしそんな人達に限って会う度にブラック話を聞かせてくるのです
だから転職勧めるんですけどね

きっと転職は面倒とか、どうせ無理とか思っているのかもしれません
でも自分から動かないと何も変わりません

黙っていても良い職に就ける程のコネがある人なら良いでしょう
そうでなければ一生ブラック企業で奴隷のようにこき使われる未来しかないのです

「自分の会社の酷いところ」って何かしらあると思います
給与もそれですよね
給料安い~有休全然取れない~人増やしてくれない~ボーナス減った~

残念ながらその酷いところが改善される事はありません
絶望的です

正直言って今の会社で自分の給料を5万円上げてもらうよりも、5万円高く出してくれる会社に転職した方が絶対に早いです
有休を全然取らせてくれない会社が突然有休取り放題になる事もありません
それは自分自身痛感しました

私が前の会社で働きながら今の給与になるまで待っていたら40年以上かかります

お前…どんだけ給料低かったんだよ…と思われそうですが本当に低かったのです😱
昇給額も微々たるものだったのに昇給が止まることさえありました
そもそも今から40年も働けないし給与上限も低い事を考えると完全に無理

どう考えても不可能な給与と有休を手に入れることができたのは転職のおかげです

私がなんでしつこく転職転職言っているかというと、本当に仕事で苦しんでいる人は諦めないでストレスから解放されて欲しいからです

私がクローン病になった原因はブラック企業のストレスが絶対に関係していると思っています

休みが少ないところはただでさえストレスです
現在酷い企業に勤めている方、今よりまともな会社は絶対にあります
是非周りの人(友人・親戚・転職したがっている同僚)に「転職したい!」と宣言してください

私も辞めたい辞めたい言っていたら今の会社を教えてもらう事ができました
辞めたがっている事を他の人に分かってもらうのも必要な事だと思います
諦めている人には誰も声を掛けてくれません

もう何年も自分が働くブラック企業の愚痴を言い続けて辞めない人も多いです
新しい仕事を探す素振りも見せない
私はもはやその人達がそこの会社が好きで働いているようにしか見えなくなりました
そんな人には仕事があっても声も掛けません…だって辞める気無いんでしょ…


「でも病気なんだけど」という場合
既に障害者手帳をお持ちならば、 障害者採用枠を狙った方が良いかもしれません

私の会社でも何名か障碍者の方を採用しています
主に社内の清掃業務になります
重度障害の方は業種によっては難しいかもしれませんが、軽度の方なら逆に企業側が欲しがるのではないでしょうか
障害者採用が少ないと企業側にペナルティがあるという現実
精神的なストレスが掛かるような仕事ではない場合が多い上に社保にも入れるくらいの時間で働けますし、会社側も障害者雇用率が上がってwin-win

一度入れば長く働けます(当社の場合)
やはり障害者雇用枠で入った方が辞めると企業側もその後の求人がなかなか大変なんですよね
雇用率に影響しますし、一般の採用ともまた違った大変さがあります

逆になかなか空きが出ないというデメリットもあるかもしれません
障害者雇用枠で入った方が辞める事はほとんどありません
一般社員の方がバンバン辞めます😅

そこは難しいところですね
しかし公官庁でも障害者採用枠はありますので、学力に自信のある方はいいんじゃないでしょうか

ちなみに自分が働いている間に障害者手帳が出た場合、会社側は喜んで「障害者手帳のコピーちょうだい😉」と言ってくるはずです
喜ばれるのは癪ですが退職のリスクは減るかもしれません

私もクローン病が悪化して将来手帳が出るような事態になったら自社の障害者枠に収まるつもりです


ja Japanese
タイトルとURLをコピーしました