クローン病でいつまで働けるのか

今まで漠然と定年まで働くことが普通だと思っていました。
でもそれは健康だからこそできることなんですよね。
今軽症ですが、これが何年続くのかは分かりません。
私の頑張り次第なところもあるかと思います。
こればかりは分かりません。

私の働く法人は障害者採用にも積極的なところなので、もし私が今後度重なる手術で身体障害者手帳が発行されるレベルになっても雇い続けてくれる可能性はあります。
むしろ障害者枠で歓迎される可能性すらあります。
でもそれでも毎日出勤できるレベルである必要があると思います。

実は私が毎年障害者採用割合の報告書を提出しています。
いやまさかですよ、
まさか自分が割合計算される側に立つ可能性が出てくる思っていませんでした。
例えいつか障害が発生するにしても、もっと50歳とか60歳とか
年齢を重ねた後だと思っていました。

誰もがそうだと思います。
何か自分だけは大丈夫そう。
2人に1人はガンになるけど自分は大丈夫そう。
成人病にもならなそう。
まして難病なんて絶対ならない。
交通事故にもあわなそう。
でも宝くじは当たるかもしれない。

もう皆が都合がいいこと考えてると思います。
正直親族にガンは多いので覚悟しているところはありました。
もちろんがん保険にも加入済みです。
でもそれ以外の病気は全然考えていなかった…
準備していなかったことに対してショックは大きかったです。
難病予測できる人なんていないですよね。

昨年3月に受けた大腸カメラの結果でクローン病の疑いを告げられました。
ちょうど1年です。
世の中コロナで大混乱なこともあり、2020年は人生で忘れられない年になりました。
今は働けるだけ働けるように体調に気を付けていきたいと思います。

ja Japanese
タイトルとURLをコピーしました