税金で助けてもらっている事を忘れないように

【ご注意】
正直賛否両論ある話題かと思いますのでそこはご了承ください


難病や障害を持っている方の発言が炎上してバッシングされる話題をよく目にします
こういった方はごく一部の声が大きい影響力のある人だと思っています

私自身難病になって辛いし補助が出ても医療費は高いしもっと安くならないかな~という気持ちは実際あります
でも既に大きな補助を受けていることを忘れてはいけないと思います
指定難病の受給者証のお陰で、クローン病の治療は2割負担で済んでいますし上限もあります

大きな声で色々な要求をしている人達も既に多くの補助を受けているはずです
私も難病になって「なぜ私が」という意識強く、こうなったら使える補助制度はどんどん使おうと今までやってきました

一部の人達は、私はこんなに苦しんでいるからもっと助けろと金を使えと言っています
その要求をバッシングするのは差別だと

もちろん現行の支援では足りない方もたくさんいるでしょうしそいういう方も知っています
身近な人が苦しんでいると「もっとこうならないのか」と切に思います

現在は指定難病だけでも333もの疾患があるようです

しかし世の中には指定難病でなくとも酷い症状の疾患が沢山ありますよね
日本中には数えきれないほどの辛い症状を抱えた患者さんがいます
全ての疾患は症状が全然違うのに、その全ての方を助けるのには正直無理があります

炎上している書き込みや動画を見ると、そんな中でも自分の難病を優先して税金を投入しろ!と言っているようにしか聞こえませんでした

ja Japanese
タイトルとURLをコピーしました