医療保険は必要なのか

投資関係のYouTuberの動画を見ていると「医療保険は不要である」という意見をよく目にします
一般の収入なら確かにそうかもしれません
高額療養費制度もありますしね

高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)
高額な医療費を支払ったときは高額療養費で払い戻しが受けられます。高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、 一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。全国健康保険協会ホームページより引用

自身の収入によって月の医療費に上限が掛かるありがたい制度です
高額な手術をしても限度額に収まります
低所得者ほど得をするので、もし自分がかなりの低所得だという確信があるなら本当に医療は必要ないかもしれません
そこそこ給料が高いと突然上限が上がるから大変なんですけどね
でも無いよりマシです

しかし私自身は民間の医療保険に入っています
まだ健康だった若い頃にガン保険と共に入りました
結果入っていて良かったと思っています
まさか指定難病になるとは思っていませんでしたからね!!!

しかも以前30分も掛からない簡単な日帰り手術で給付金を貰いました
実質の負担金は2万円も行かなかったのに10万円支給されました
これまでの掛け金の半分は帰ってきた感じです

本当は医療保険なんか使う機会が無いのが一番いいのですが
それでも病気になってしまうのが人間というもの
誰も好きで病気にはなりません

でも万一の備えとして保険に入っておくのは良い事だと思います
しかし保険の入りすぎには注意すべきです
私は会社で年末調整の仕事をしています
なので社員全員の保険加入状況を把握しているのですが、
信じられないほどの高額保険に加入している人も少なくありません
この人は高額療養費制度を知らないのだろうか…と思うほどです

高額療養費制度に関しては医療知識の全くない学生の頃でも知っていたので
そんなにマイナーな制度ではないはずです

でもとても知っているとは思えない保険の入り方…
年収に見合わない保険料を支払ってまで保険に入る必要はあるのでしょうか
本人には何も言えないですけどね

取り合えず私は高額療養費制度を使用する前提で+αの収入として最低限の医療保険に入りました
日額5千円で手術給付金も最低額を選びました
その代わり長期入院に備えられる保険にしました

最近の入院は早期退院が基本となっています
入院が長引けば長引くほど病院側が損するような制度になっているからです
新しい患者を入院させた方が儲かるので、どんどん退院させてどんどん入院させます

ネットで入れる安い医療保険を見たことがありますか?
1回の入院に対する給付金支払い限度:60日
これがメジャーかと思います
どうですか?短くありませんか?

しかも一度退院してすぐ症状が悪化して即再入院しても最初の入院日数と合算される可能性があります
保険会社のサイトには「最近の入院日数は短い傾向があるから60日で十分です!」みたいな説明があるかと思いますが、私はこの2か月の入院の為に毎月数千円も掛け金を払うのが馬鹿らしいと思いました

そもそも2か月も入院させてくれないと思うので1か月で計算すると、
1日5千円が30日分支給されて15万円です

ちなみに高額療養費制度を利用すると
標準報酬月額が28万?50万円の人の上限でも15万円までかかりません
標準報酬月額が26万円以下の人に至っては上限た57,600円です
この額…貯金で事足りませんか?
有名YouTuberが医療保険はいらいないと言っているのはここからきてるんですよね
それは分かります

だいたい人生でもそんなに頻繁に入院することは無いと思います(難病でもない限り)
1か月の入院程度なら家計の痛手にはなりませんし、そもそもそのくらいの貯蓄は最低限用意しておくべきではないでしょうか

貯蓄を全くせずにいつか入院した時15万円もらうために毎月数千円掛ける意味があるのか甚だ疑問です
しかも何年も毎月毎月金出してるのに、突然入院しても60日分しか出ないとは?
じゃあやっぱり医療保険っていらないのでは!?と思うところですが、それでも私が保険に入ろうとした理由があります
家族が長期入院したからです

私はExcelを使って人生で何回入院したら掛け金の元が取れるのか計算しました
さらに長期入院と短期入院の場合も併せてシュミレーションしてみました
そして本を読んだり色々調べたりした結果
医療保険が本当に必要な時というのは、予想以上に入院が長引いてしまった時である
という結論に達しました

なので日額がどうとか、手術給付金がどうとかは置いておいて、
とにかく入院が長引いた時の為の備えに振り切ることにしたのです

将来的に自分が1度も入院しない可能性もあります
その時は完全に損です
しかしそのリスクを負ってでも長期入院に備えたい!!!

私はネットで入れる格安保険をわざわざ窓口で契約し、1回の入院で120日分まで支給されるように契約内容を一部変更しました
もちろん掛け金は多少上がります
しかし私の中の重要度は完全にこうです
給付金支給日数>>>>支給日額
支給日額を最低にして支給日数を最高にしました

ちなみに支給日額を上げるより支給日数を伸ばした方が掛け金は安かった気がします
結果的にこの決断には満足しています

短期入院だったら貯金が枯渇するような請求はきません
ただダラダラといつまでも入院が長引いた時のことが怖い

有休も使い果たし傷病休業に突入し収入が減ります
傷病手当があると言っても月収の10割は貰えません
どんなに日額を高くしても長期入院に対応していなかったら保険の意味はない
それが私の考えでした

ただ入院のどこに不安を感じるかは人それぞれかと思いますので、最後は自分自身で決めることになるんですがね

大黒柱だったりローン返済などをしていたら尚更かと思います
家系によってなりやすい病気もあるでしょう

でも保険会社の人の言いなりにならないように気を付けてください
私もこのプランを考えた時に担当者になんだかんだと言われました
日額5千円で本当に足りますか!?と散々言われました

高額療養費制度を知っていれば十分な額だと私は思います
貯蓄もそれなりにあったので自信はありました

私は結果的に難病になってしまったので保険に入ったことは正解となりました
もし過去に戻れるとしても同じ契約内容にしたんじゃないかな、と思います
ただ一点後悔しているのは、払い込み年齢を60歳にしなかったことですかね
終身払いにしてしまいました
当時は給与も低かったので一時的な安さを取ってしまったことを少々後悔しています

月収や生活スタイルは人それぞれ全く違うはずです
保険の掛け金もこの先払う額を改めて考えるとかなり高額になります
他人の意見を鵜呑みにせずこの記事もちょっとした参考程度とし、自分なりに試行錯誤して考えてみることをお勧めします

※この記事はクローン病の方向けと言うよりまだ保険に加入していない健康な方、しかも家族を扶養していない方へ向けたものになっています。
そもそも指定難病の受給者証を持っているとクローン病に係る入院費の上限が更に安くなります。持病を持っている方向けの医療保険もありますが、掛け金が一般向けよりも割高になるので私は今の所追加で入る予定はありません。


2021/8/7 追記

私が言いたい事を分かりやすく説明しているプロの動画を見つけました
是非ご覧ください、完全に私が言いたかった事です

ja Japanese
タイトルとURLをコピーしました