自覚症状が無いのもある意味問題

今頃気づいたのですが最近気になるほどの腹痛がありません
でもCRPは悪い…
これが地味に困るなと思いました

実はクローン病が発覚した時も自覚症状が全くありませんでした
でも内視鏡の写真を医師が見る限り、何回も(下痢?炎症を?)繰り返している形跡があるとの事でした
実際腸内の一部も変形していたんですよね

「下痢酷かったでしょ!」と何回も言われたんですけどそれも無かったのでした
むしろ便秘気味の人生だったわけです

何度も繰り返している跡があるというのは、下痢じゃなければ炎症だと思うんですけど
腹が痛くて耐えられないなんてのもあまり無かったんですよね
でも変形するほどでしょ?余程のことじゃないの?
ここが不思議です

つまり、自覚症状無に身体が蝕まれていたって事ですよね
これ怖くないですか…

普段からちょっとした事で胃の不調を感じる事ができれば「今日は調子悪いからこれは控えよう」とか調整できるわけですよね

でも私の場合体は絶好調なので毎日寛解期のつもりで食事をしていると、定期受診でCRPがめちゃくちゃ悪くなって主治医に「何があったんですか!?」と言われてしまうわけですね

最近パターン化しています
診察室に入って主治医が開口一番「何かありました?」と言った時はCRPが悪化していると(笑)

私にも何があったのか分かりません先生…本当に体調は絶好調だったのです(当社比)
今回はCRPが良くなってる自信がある!と思った日に最悪の結果だった時もあります
もはや自分の感覚は全く当てになりません

身体が「もう駄目だ…」と限界が来た時にしか発覚しないパターンです
自覚症状が無いと「ちょっと最近腹の調子が悪いな~」と病院に行くこともありませんからね

だから健康診断でクローン病診断までたどり着けたのは奇跡だと思っています

激痛に見舞われ受診した結果クローン病だったという方もいらっしゃいます
何年もかけてやっとクローン病と診断された方もいるようです

そう考えると自覚症状も無いのによく診断してくれたと思います

私の場合クローン病の診断で決定的な要因はあったようです
クローン病患者の数十の患者に現れるAという現象
Aの現象が起こる患者は100%クローン病

これだったんですね
説明されたんですが正確な単語を忘れてしまいました
でもとにかく「あなたは絶対クローン病で間違いない」というニュアンスで言われたので諦めたのを覚えています
これが珍しいのかどうかは分かりませんが、私がクローン病である確定要因を持っていたのが良かったのか悪かったのかと考えると、ある意味良かったのかもしれません

何年も違う治療をして「あ、クローン病だったわ」と言われる方が辛いですよね

これもまた塞翁が馬なのかな
おかしな確定要因のおかげでクローン病からは逃れられないけど自覚症状の無いうちから治療を始められたのは幸運だと思います

でもほんと、腸が変形するほどなのに目立った腹痛も無いってあるんですかね?
多少の腹痛ならありましたけど誰にでも起こるレベルだと思ってましたし
一度酷い腹痛で受診した時がありますが「腸炎」で終わりでした
本当はクローン病の症状だったとは思いますが…

私の場合他の記事で散々生理痛が酷いという話をしていますが、実は生理痛だと思っていたものが腸の痛みだったのかなと怪しんでいる部分はあります

もう今更なんですけど

とりあえず過去の事を考えても何も変わりません
これからの事を考えて過去の失敗を繰り返さないように頑張っていきたいと思います

タイトルとURLをコピーしました