指定難病の受給者証を申請する

クローン病の治療が始まって数か月、エレンタールとペンタサを服用しています。
このエレンタールが高い!!!
私は3割負担なのでいつも数万円します。
これ医療証貰えないの!?と調べたんですが、どうやら私は現状だと症状が軽くて該当しないという、喜んでいいのか悪いのか分からない状況でした。
しかしこのエレンタールがしばらく続くならかなりの痛手。

どうしたもんかと思っていたら「軽症高額該当」というものを発見しました。
なんと軽症者でも医療費助成を受けられるありがたい制度です。
医療費総額が33,330円を超える月が12月以内に3回以上ある場合該当するそうです。(※詳細は専門機関のHPをご覧ください)
私は2か月に1回受診しているので割とすぐに該当することがわかりました。
一応県や市の難病担当窓口に問い合わせたところ、どちらも「主治医に相談してください」とのこと。その際「先生から最初にお話しなかったんですか?」とも聞かれました。
主治医から難病の医療証の話なんかしてくれるの?と正直思いました。
そのそも医療証だの何だのは会計時に必要なものなので医師はどの程度からんでくるんだ…
薬局の人からは公費じゃないんですか?みたいに聞かれたから気になってはいたけど。
私が軽症過ぎて主治医が話をしてくれてない可能性まで考えました。
いや~これじゃあ該当しないから無駄だよ~みたいに言われても嫌だしなとか。

とは言え軽症高額該当は絶対に当てはまるので、次の受診時に主治医に相談することにしました。すると…

「え?まだ申請してなかったんですか?」

嘘だろ先生ーーーーーーーーー!!!!

なんと主治医は私が既に医療証を持っていると思い込んでいたのです!!!
そう、私はクリニックからの紹介。
先生はクリニックで難病申請をしていると思っていたのです。

先生忘れてるでしょ…私はクローン病疑いでこの総合病院にやってきたの…
そしてあなたがクローン病の診断を下したのよ…
確定診断前に難病の申請ができるわけないじゃないのよ~~~!!!

とは言え日に何十人も診てるドクターです。
一患者の私の医療証のことまで把握してるわけがありません、仕方ない。
エレンタールが高いから助けて~!と伝えたら早速申請に必要な書類を書いてくれるとのことでした!!ありがとう先生!!
そもそもこの日の受診でちょうど高額支払いが3回目の時だったのでちょうど良かったんですけどね。
病院の方から詳しい説明も受けて、私も難病の仲間入りかと改めて思い知らされた感じがしました。

その後書類が届いたので保健所で手続きを行い指定難病の受給者証が無事発行されました。
発行までにも3か月くらい掛かりましたね~長かった。
これで無事2割負担になり、上限額も設定されたのでした。

軽症の方も高額な医療費が発生する場合には是非手続きを行ってみてください。
手間は掛かりますが無駄な出費は減らすことができます。

タイトルとURLをコピーしました