年末調整の保険料がエグい

会社の年末調整の仕事をかれこれ数年やってきたわけですが、毎度思う事があります
この人保険料払いすぎいいいいいいいい!!!!!!

似た様な医療保険に山ほど入ってる人も意外と多くて驚きます
なんで…なんで似たものに何個も入るの…セールスに騙されてるんじゃないの…
教えてあげたい!!!と思いながら毎年何もできません

一括支払いで100万円超えの人はまだ何となくわかります、将来払う分一括だから
しかし何種類もの保険に入って年間70万以上払っている人もいてどうなっとるんだと

しかもそれが独身の人だったりするとますます謎
もしかして実家が金持ちなの!?払ってもらってんの!?と思うレベル
年収に対する保険料の割合が高すぎて心配です(余計なお世話)

いくら入院の不安があってもここまで入らないだろと…というかいらないだろ
そこまで知ってて入ってるならいいけどそうじゃないなら勿体なさすぎる😅

ちなみにNISAとiDeCoをそれぞれ満額やっても合計で67.6万円です
貯蓄の意味ならそっちの方が遥かに良いような気がするんですよね
控除額も全然違いますし

年末調整の保険料控除は最高12万円ですが、 生命保険料や介護保険料でそれぞれ上限も分かれていますし、一般の生命保険料控除(新)なんか上限4万円
100万払っても4万円

iDeCoにかなわん~~~!!!

貯蓄型もNISA程貯まるのか怪しい所もあります
なんだかな~
やっぱり一般保険にそこまで払うメリットが見いだせない


私は過去に自分が保険に入る際調べに調べて入ったのですが、その時に知った事があります
「日本人は保険を選ぶ時に、将来的に払う額を考えずに入る事が多い」という事でした

保険と言うのは結局一生の事を考えると支払額が数百万にのぼる場合があります
結構な額ですが、そこまで考えずに入ってしまう方が多いという事でした
月額5千円を30年払うと180万円、それに2つ入ってたら…高ぇーーー!!!!

塵も積もればですね

今は貯蓄にしてもiDeCoのような優遇措置がある制度がある訳ですから、いくらでも自分にメリットがある方を選んでいきたいところです

ja Japanese
タイトルとURLをコピーしました